名古屋市や尾張旭市のリフォーム・リノベーション・注文住宅なら杉工建設

SUGICO design and craft company

0561-76-5428

(月ー土 9:00 ~ 18:00)

Webからのお問い合わせはこちら

名古屋市や尾張旭市のリフォーム・リノベーション・注文住宅なら杉工建設

SUGICO design and craft company

tel:0561-76-5428 web

ニュース/ブログ ニュース/ブログ

  • TOP

費用を抑えて断熱性能を高める

2020.07.08 - スタッフブログ

みなさんこんにちは。

尾張旭市で想いに添った暮らしの提案をしている、

SUGICOの青山です。

 

弊社では断熱性能を上げるために、

セルローズファイバーという断熱材を使用します。

さらに断熱性能を高めるために、

既存の古い窓を取り替えて、

熱の通り道を減らす工事をします。

 

窓を取り替える

しかし、この窓を取り替える工事というのは、

単純に窓を取り外して、

新しい窓を付けるという様にはいきません。

 

まず、窓には壁の中に埋まっているパーツがあるため、

実際の窓のサイズよりも大きく外壁を切る必要があります。

そうしてようやく窓を外すことができます。

そして新しい窓を取り付けて、

壁の中に埋めなければいけない部分を

新しく作る壁で埋めていきます。

そのため、壁が新しくなった部分は

元々の外壁と見た目が変わってしまいます。

色を合わせて塗装しなおしたり、

仕上材を張り替えたりする必要があります。

 

この様に、窓を取り替える際には、

窓の商品代と施工費の他に、

外壁の補修費用がかかってしまいます。

窓を取り替える数が多ければ多いほど、

この費用も上がっていきます。

 

 

 

インナーサッシ

費用を抑えたいけれど窓の断熱性能を高めたいという場合には、

弊社ではインナーサッシをご提案しています。

 

このインナーサッシは、

既存の窓は触らずに、

その窓の内側にさらにもう一枚取り付ける窓です。

 

窓が2重になることと、

インナーサッシ自体にも断熱効果があるため、

窓を取り替えずに断熱性能を

高めることができます。

 

さらに、既存の窓とインナーサッシの間に

新たな空気層が作られるため、

防音効果や結露軽減の効果もあります。

 

装飾ガラスを選択すれば目隠しにもなりますし、

遮熱タイプのガラスで遮熱効果を

高めることもできます。

(上の写真ではインナーサッシに

型板ガラスを使用して視界を遮っています。)

 

もちろん見た目も新しくなるので、

他は新しく綺麗になったのに窓だけ古い

というのが気にならなくなります。

 

ただ、既存窓は触らずに使用する窓なので、

外から見たときの既存窓に変化はありませんのでご注意ください。

 

 

LDKなどの主要な部屋は既存窓の取替え、

各寝室ではインナーサッシを取り付けて

費用を抑えるという工夫をしています。

 

 

費用は抑えたいけれど

断熱性能は下げたくないという方、

インナーサッシを検討してみてはいかがでしょうか。

recent entries

category

archive