天白区戸建てリノベーション引渡し

この記事は、2022年8月20日に公開したブログのアーカイブ記事です

執筆監修:杉山幸治(株式会社SOWAKA・一級建築施工管理技士)

こんにちは。

名古屋市や尾張旭市周辺でを通じて暮らしの提案をしているSOWAKAの杉山です。

暑い夏もあと少しとなってきましたがいかがお過ごしでしょうか?

梅雨から夏にかけて激務続きだったので、私は8キロ痩せました。

病的ですよね(笑)

実は夏になるといつも痩せて、冬に蓄えて・・・というのをこの業界に入って25年ほど続けています。

最近は目が悪いので(光に弱い)、あまり外に一日立っていることがなくなったのですが、夏になるとこんがり焼けて小麦色の肌に。

そして冬になると元々の肌に戻るってのも20年ほど続けていました。

人によって様々ですが、私がお客様宅を設計する時は窓が大きく明るい家を目指します。

でも、光に弱い私は窓はできるだけ小さくていい。

もぐらです( ´∀` )

建築には色々な法律があって、窓が無い家を作ることはできません。

家の大きさに対して最低限の窓の大きさが決まっているので、一般的には気持ちの良い家ってのが絶対に作られることとなります。

だから、私が設計するからって「もぐらの住み家」になる訳ではないのでご安心を。

さて、前置きが長くなりましたが、4か月くらい工事を行っていた天白区の戸建てリノベーションが完成して引渡されました。

トップの画像です。

お洒落な家ですよね。

シンプルにカッコよく、使いやすくて飽きないデザインを目指しています。

機能的には・・・弊社の標準仕様でもある「暖かく、涼しく、静かで安心に囲まれて」を実現しています。

今は暑い。 

だから家の中は涼しくしたい。

もう少しすると寒い。 

だから家の中は暖かくしたい。

冷暖房の効率も良くなって、お財布に優しく、防音性能も向上するから近所を気にせず家族だけの空間にピッタリですね!

SOWAKA

お問い合わせはメールまたはお電話で

(受付時間 9:00~18:00 日曜定休)

名古屋 SOWAKA