鉄骨造スケルトンリノベーション

この記事は、2019年6月19日に公開したブログのアーカイブ記事です

執筆監修:杉山幸治(株式会社SOWAKA・一級建築施工管理技士)

こんにちは。

名古屋市や尾張旭市周辺でリノベーションを通じて暮らしの提案をしている株式会社SOWAKAの杉山です。

先日着手した名古屋市東区のリノベーション現場は解体工事が完了しました。

天井や壁、床が無くなって構造体がむき出しになった状態です。

リノベーションならではの光景ですね。

今までの何十年と暮らしてきた家の内装が全て取り払われ、窓から見える周囲の環境が変わらない違和感とどこにキッチンがあったのか・・・

と感慨深い状況ではありますが、新たに計画した暮らしへの一歩です。

思い起こせば1年前の7月に初めてお会いしてから約1年の打合せ期間を経ての着手は、お客様にとって貴重な時間を計画に費やした実現への始まり。

図面では分かりづらい部分を模型を使いながら話し合いをしたり、ショールームへ行きトイレ等の住設機器を決めたり、現在の自宅での過ごし方や収納量、収納の仕方などなど色々な事を話し合っては図面に書き込み、新しい暮らしではどうしていくのかを決めていきました。

この1年間というのはお客様との信頼関係の構築期間だったのかもしれませんね。

お客様の想いを胸に完成に向けて進んでまいります。

SOWAKA

お問い合わせはメールまたはお電話で

(受付時間 9:00~18:00 日曜定休)

名古屋 SOWAKA