名古屋市や尾張旭市のリフォーム・リノベーション・注文住宅なら杉工建設

SUGICO design and craft company

0561-76-5428

9:00 〜 18:00 (水曜・日曜定休)

Webからのお問い合わせはこちら

名古屋市や尾張旭市のリフォーム・リノベーション・注文住宅なら杉工建設

SUGICO design and craft company

tel:0561-76-5428 web

ニュース/ブログ ニュース/ブログ

  • TOP

現場レポート

2018.06.04 - スタッフブログ

現場レポート

こんにちは。SUGICOの青山です。

 

 

前回、ある物件のレポートをしましたが、読んで頂けたでしょうか?

今回は、その続きのレポートをしたいと思います。

 

 

あの後も現場は毎日動いていて、改修が進んでいます

 

 

まず、大きく変わった部分としては、床です。

既存の床を剥がし、根太を組み直して新しい床を張りました。

 

 

 

 

床を張替えただけで、印象がずいぶん変わりました。

 

 

この写真の壁の部分、新しく壁が張られている部分と、張られていない部分があります。

これはただ単に作業が途中で止まっているわけではありません。

他の箇所に張る壁とは違う種類の壁が張られています。

 

 

この壁は耐力壁と呼ばれる物です。

名前の通り、力に耐える壁です。反対の意味を持つ壁として、

何の力にも関係のない仕切りの為の、間仕切壁というものもあります。

 

 

建物には色々な力が加わります。

固定荷重と呼ばれる建物の自重や、積載荷重と呼ばれる、人や家具などの荷重。

それから、自然に関わる荷重として、地震荷重や積雪荷重、風荷重などがあります。

 

建物はこれら全ての荷重に耐えなければいけません。

その方法の一つが計画的に耐力壁を入れるということです。

 

耐力壁の主な作り方としては、柱と柱の間に筋かいを入れる方法と、

先ほどの写真のように構造用合板を張る方法があります。

 

 

 

そして他にも建物の補強は進んでいて、柱が足りない部分に、新しい柱を入れました。

梁と梁の継ぎ目部分には、金物を当てて補強するなど、不具合箇所を適切に直しています。

 

 

補強をしっかりと進めていくことは、これから建物を使っていくうえでとても大切なことです。

長く大切に建物を保つということに繋がっていくと思います。

 

 

 

 

次回もまた現場レポートをしたいと思います。

 

recent entries

category

archive