名古屋市や尾張旭市のリフォーム・リノベーション・注文住宅なら杉工建設

SUGICO design and craft company

0561-76-5428

9:00 〜 18:00 (水曜・日曜定休)

Webからのお問い合わせはこちら

名古屋市や尾張旭市のリフォーム・リノベーション・注文住宅なら杉工建設

SUGICO design and craft company

tel:0561-76-5428 web

ニュース/ブログ ニュース/ブログ

  • TOP

今も未来も考える

2019.10.23 - スタッフブログ

今も未来も考える

みなさんこんにちは。

尾張旭市で想いに添った暮らしの提案をしている、SUGICOの青山です。

 

リノベーションをするには必須の打ち合わせ。

弊社では打ち合わせ回数を多く取っているということが一つの特徴ですが、

ではその打ち合わせでのポイントを一つお話ししたいと思います。

 

 

リノベーションのプラン立て

プラン立ての主な方法としては、まずお客様のご要望を一通り伺います。

その中から、もう少し具体的な話し合いが必要な部分を詰めていき、

そうしてその情報を事務所へ持ち帰り、図面に起こしていきます。

 

ですので、まずは可否に関係なく、こうしたいという要望を考えてみてください。

こちらからプランをご提案することはもちろんできますが、

それでは建売の住宅と大差がなくなってしまいます。

注文住宅だからこそ、自分の考えを形にすることができます。

ですので、できるだけ多くの要望を考えてみてください。

 

ここでポイントなのが、

どの時点を基準にプランを考えるか

ということです。

 

 

今が基準?未来が基準?

 

では、今現在を基準に考えていくのか、

それとも将来のことを考えていくのか、どちらが良いのでしょうか。

 

”どちらか”ではなく、”どちらも”考えることが重要です。

 

現在のことばかり考えていても、時間が経つにつれて不満が出てしまいますし、

将来の事ばかりを考えていては、今我慢しなければならないことも出てきてしまいます。

 

 

例えば・・・

 

1階を水回りと夫婦寝室、2階をLDK、3階をその他洋室としたいときの場合。

何年かの間は何も問題はないかもしれませんが、人間は年を重ねるものです。

何十年と経った時に、階段を使って2階へ上がるのが辛く億劫になり、

料理を作ることができなくなってしまうかもしれません。

かと言って住宅用エレベーターを設けるのは、費用的にも現実的ではありません。

 

そこで、1階の寝室に将来的にミニキッチンを設けられるように、

あらかじめ配管、配線をするというご提案をしています。

キッチンを置くスペースを始めから空けておくのではもったいないので、

そこに簡易的な棚などを設けて、しばらくの間は収納として使用します。

ミニキッチンを設置するときにはその棚を壊せば、必要な幅を取れるようにしています。

壁の点検口を開ければ中に配管、配線が出てきているので、

それらをキッチンと繋ぐだけで設置が可能です。

 

今はガスコンロを使用したいけれど、将来的にIHに変更する可能性もあるというご要望には、

あらかじめIH用の電気の配線を行うこともあります。

 

 

他にも、今は二人で一部屋を使っているお子様たちが、

将来は一人で一部屋ずつ使えるようにしたいという場合。

2部屋をあらかじめ準備しておくことが理想的ではありますが、

スペース的に難しい場合もあります。

そこで少し広めの部屋を設け、将来的に間仕切り壁を設置すれば二部屋に分けられるように、

動線や扉の位置などを工夫してプランを立てます。

 

 

今は大きなウォークインクローゼットが欲しいけれど、子供が自立した時には必要なくなってしまう。

そういった矛盾が生じることも度々ありますが、

どんなことを優先したいかなどの話し合いを詰め、一つ一つ解消するようにしています。

 

 

リノベーションは人生で一度きり

 

何度もリノベーションをする方も中にはいらっしゃるかもしれませんが、

多くの方にとって、リノベーションは人生で一度限りだと思います。

一度しかないからこそ、現在の事だけでなく、将来のことまで考えなければいけません。

 

現在と将来のことを同時に考えるのは難しく、大変なことでもあります。

ですが、いつまでも気持ちよく過ごせるような空間を作るためにはとても重要なことです。

「今」の不満なことや、こうしたいという要望に対しての「未来」について、

少し考えてみてください。

 

 

recent entries

category

archive