名古屋市や尾張旭市のリフォーム・リノベーション・注文住宅なら杉工建設

SUGICO design and craft company

0561-76-5428

9:00 〜 18:00 (水曜・日曜定休)

Webからのお問い合わせはこちら

名古屋市や尾張旭市のリフォーム・リノベーション・注文住宅なら杉工建設

SUGICO design and craft company

tel:0561-76-5428 web

ニュース/ブログ ニュース/ブログ

  • TOP

リフォーム業界の事情

2016.06.13 - 代表ブログ

リフォーム業界の事情

こんにちは。

名古屋市や尾張旭市周辺でリノベーションの提案をしている杉工建設 杉山です。

今日は住宅リフォームの見えていない事情について書きます。

どうしてもリフォームというと軽い感じ。

だから弊社は工事の名称をリノベーションとしている訳ではありません。

 

・新築をメインに行っている会社

・いわゆるリフォーム屋さん

・リノベーション会社

実は、全くの別物なんです。

 

 

一般的な定義では

新築は更地から新しく建物を作る事。

リフォームは住設機器の取替えや模様替え。

リノベーションは間取り変更を重点において行う比較的規模の大きなリフォーム。

 

世間的に難しそう・・すごいね~って言われる順は

1、新築工事

2、リノベーション工事

3、リフォーム工事

 

実際に工事をしている側からすると

1、リフォーム工事

2、リノベーション工事

3、新築工事

 

あれ?何でリフォームなの??お手軽な感じじゃない??

確かに安売りのチラシなどでそんなイメージだとは思いますが、実際はとても難しいのです。

 

なぜならば、リフォームは工事期間が1日から2週間程度で住みながら工事をする事が多いから。

トイレなどの住設機器の取替えやクロスの張り替えが主な作業ですが、毎日使用する箇所ということもあり工事期間に余裕がなく、着手する前の段取りで全てが決まってしまう。

もし、こんなハズではなかった・・という解体してみないと分からない状況下で不測の事態になってしまったらアウト。

 

だからリフォーム産業はクレーム産業とも言われるほどお客さんと揉めてしまう事が多い。

大手リフォーム会社の評価をネットで調べると悪評がいっぱい出てくる。

 

でも、毎日の様に次々と着手しないと仕事が止まってしまうから調査が甘かったり、仕事量を優先して始まる前から揉めてしまう事が分かっているお客さんとも契約をしてしまう、そして一つ歯車が狂ってしまうとギリギリのスピードで仕事をこなしているので、抱えている物件の全てが正常に機能しなくなるという悪循環となり担当の営業マンは辞めてしまう。

だいたい、1人の営業マンが常に抱えている物件数は営業中から集金の段階まで合わせて15件から30件。そして、新規の営業は2~3日に1件づつ増えていく。

つまり、大手になればなるほど顧客数が増えるからクレーム数も増える訳だ。だから悪評が多く見える。

 

たまに、リフォーム会社で営業をしていますって人に会うと気の毒に思う。

しかし、リフォーム会社が無くならないのは営業マンは勝手に辞めていくだけだから使い捨ての様に扱い、営業から完了までのスピードが速いので利益を生むからだ。

まぁ、営業成績重視なので数字達成に厳しく、工事前の不安や怒っているお客さんを見てしまったら営業マンは仕事が嫌になってしまうでしょうね。

また、リフォーム会社の営業マンは異業種からの転職組が多いから知識に乏しい事が多い。給料が良いから転職してくる。

その乏しい知識で現場調査を甘く見てしまうから問題が起きてくる。

営業としてはピカイチで人当りも良く、家の事なら何でも任せたい気分にはなれるはずではある。

20年近く改修ばかりやっている私でも着手前は不安な気持ちになったり、こんな筈じゃなかったって思うのに先月まで異業種にいたのに予想しながら調査を完璧にできたら怪物です。

 

また、最近はネットで色々な材料をお客さんが購入できるようになったのも時代だな~って感じる。

50%OFF、半額!

すごく無責任なフレーズです。

誰が悪い訳でもないのですが、お客さん購入商品が運送会社も安い会社なのか車上渡しと言って道路に放置して帰っていくし、部品は別注商品となっていて取付けができないなど売れれば良いといういい加減な状態。

確かにリフォームを計画しているとネットのサイトに登録をすれば10社ほどから見積りが無料でもらえるのでお手軽な感じ。

リフォーム会社が半額で商品を出せる訳が無いし、相見積の嵐に挑戦するのは前述した仕事量確保の為だけだ。

相見積りだから他社より見積書を安く見せたい・・・だから半額!って書いて施工費で帳尻を合わせる。

要はリフォーム会社は仕事が止まったらすぐに潰れてしまう。

ここ10年でどれだけのリフォーム会社が産まれて消えていったことか。

5年保証とか10年保証ってどうなるんだろ。お客さんが可哀相。

 

大手だと担当が辞めてしまう、創業間もないと潰れてしまう。

じゃあ、どうすれば・・・

良いと思った会社を変えない事です。

 

たまに工事の度に業者を変えているお客さんにお会いします。

何で分かったの?とビックリされますが私はプロです(笑)

経緯を聞いて軽いノリだったら断って帰る事にしています。

なぜならば、私はひとつひとつ真剣だからです。リフォーム屋さんなんて呼ばれたくない。

見積り屋さんでも御用聞きでもない長いお付き合いをしたい建築屋です。

リノベーションをメインに展開しているけど、リフォームもやっている。 それだけ。

新築は建築分野で面白くないから私はやらない。

過去に何棟か建てていましたが、スタッフがやりたいと言ったらやってもいいよというだけかな。

 

このぐらいストイックでないとお金に走ってしまう様でコワイ。

いままでお客さん、全部還元しちゃったな~ かろうじて運営してる(笑)

でも、紹介してくれるからいいや。

 

recent entries

category

archive