名古屋市や尾張旭市のリフォーム・リノベーション・注文住宅なら杉工建設

SUGICO design and craft company

0561-76-5428

(月ー土 9:00 ~ 18:00)

Webからのお問い合わせはこちら

名古屋市や尾張旭市のリフォーム・リノベーション・注文住宅なら杉工建設

SUGICO design and craft company

tel:0561-76-5428 web

ニュース/ブログ ニュース/ブログ

  • TOP

ホームセンターへ行こう

2020.07.18 - スタッフブログ

愛知県名古屋市、尾張旭市周辺でリノベーションを通して暮らしの提案をしている、

SUGICO 杉工建設の松本です。

 

ホームセンターはお好きですか?

 

 

 

 

 

 

私は何かしらのたくさんの材料が並んでいるお店が好きです。

画材屋やホームセンターの資材館は特に楽しいです。

そこに行くだけで、何を作ろうか?何に使えるのか?何のための物なのだろうか?

と、妄想想像を膨らますことも出来るからです。

 

 

ホームセンターの資材館は、木材、工具、金属パーツなどのDIYでも利用する物から、

一見何のための物なのか、誰がどう使うのか?分からない物もあり、

知らない材料は想像力が試されます。

一体何に使うパーツなんだろうか?と思うその大抵の物は、家などを作る時に使われている材料だったりします。

 

 

 

建設業界に入る前は、本来の目的とは異なる材料として、

様々な資材をホームセンターの資材館で購入していました。

 

スタイロフォームはカットして張り合わせて削って立体物を作ったり、

塩ビパイプは繋げて枠にしたり、シーリングは型取りの材料に、フローリング用のワックスは剥離材に。

面白そうな素材があれば何かに流用できないかなと考え、試してみたりしていました。

 

 

 

 

巡り巡って、今は建築の業界で働いているので本来の目的、本来の用途で資材を購入しています。

 

 

 

ホームセンターはWikipediaによると和製英語で、

要約すると、”暮らしや住まいのため”のもろもろが販売されているお店ということのようです。

 

ハード面での家、ソフト面での暮らし。

そのための物が売ってあるホームセンター。

家屋(いえや)さん的な感じでしょうか?

CenterはWeblioでは”中心”や”中央”以外だと”施設”と出てきます。

「暮らし」という概念に関わる商品が売ってある所なので、

暮らし屋の方がいいでしょうか?

 

 

普段生活している「家」ですが、何を使われどんな風に建っているのかは意識せずに生活していることがほとんどだと思います。

普段資材館へ足を踏み入れない方は一度この機会に足を運んで、家を構成する材料を実際に見るのも面白いのではないでしょうか。

 

 

 

人類は色々な道具を発明してきていますが、工具の『目的に特化したかたち』はとても魅力的です。

 

大抵の工具は手で持つ物なので、用途は不明だったとしても”手で握る”行為はすぐに分かるため、

持っている姿は想像でき、ヒトの”手”そ存在を道具から感じられます。

ピンポイントな作業に特化した道具も多く、作業内容によって使う道具のサイズや形態も異なりますが、

手や腕の延長としてそれぞれが使う人、使う目的に添っているなと感じます。

 

 

ホームセンターには「人の暮らし」のための色々な形がたくさんあるのだと、改めて思います。

recent entries

category

archive