名古屋市や尾張旭市のリフォーム・リノベーション・注文住宅なら杉工建設

SUGICO design and craft company

0561-76-5428

9:00 〜 18:00 (水曜・日曜定休)

Webからのお問い合わせはこちら

名古屋市や尾張旭市のリフォーム・リノベーション・注文住宅なら杉工建設

SUGICO design and craft company

tel:0561-76-5428 web

ニュース/ブログ ニュース/ブログ

  • TOP

テーマカラー

2020.06.19 - スタッフブログ

こんにちは。

尾張旭市周辺でリノベーションを通して暮らしの想いに寄り添うSUGICOの祖父江です。

 

ここのところ一気に気温が高くなりそれに加えて梅雨入りなので

湿度が高く蒸し暑いので、私は1年の中でも一番苦手な季節です。

そんな時は気分も上がらないしお部屋も全体的にどんよりとしがちですよね。

 

先日、娘と息子の部屋をいよいよ本格的に造り始めました。

もともと用意はしてあったけど、まだなかなか自分の部屋で過ごすという事が

少なかったのでほとんど部屋としての機能を果たしていなかったのですが

そんな娘も小学6年生になり、お年頃になってきたのと

息子もなぜか自分の部屋で寝る!と言い出したので取り掛かることに。

 

それぞれの部屋はもう最初から割り振ってあったし、ある程度先のことを見越して

部屋のベースは作ってありました。

今の家を購入した当時、子供たちは1年生と年中さんでしたが

クロス選びにその時本人たちが好きだった色を選ばせました。

好きな色を部屋全体にもってきてしまうと少しごちゃごちゃしてしまうかなと思い

アクセントクロスで一部のみ、その好きな色を貼ってもらいました。

 

 

みなさんは自分のテーマカラーというのがありますか?

テーマカラーというと少し大袈裟に聞こえるかもしれませんが

なんとなく自分の好きな色で、お洋服だったり小物だったり

いつも目にいってしまい気づけばその色の物ばかりになってた。というようなカラー。

 

娘も息子も小さい頃から、娘はベビーピンク、息子はグリーンと

それぞれ好きな色が決まっていてなんとなく手にするものや選ぶものはその色でした。

なので、クロス選びも本人たちが選んだのはもちろん、ピンクとグリーンでした。

5年経った今でも、自分たちが選んだクロスはお気に入りなようで喜んでいます。

狭い空間だからこそ、同じ色のクロスではなくアクセントで一部の色を変える。

そしてそこがお気に入りの眺めになるんですね。

 

こちらは娘の部屋になるんですが一部のクロスとドアにアクセントで色をつけました。

 

 

 

息子のお部屋も娘の部屋と対象部分(隣り合わせの部屋です)に少しくすんだ色のグリーンのアクセントクロスを。

 

 

 

こんな感じでテーマカラーを元にあとはお部屋全体のコーディネートをしていくといった感じで

娘と息子の部屋はあと少しで完成といったとこです。(あとは、息子の学習デスクを購入しなくては。笑)

 

クロスだけではなく、色んな部分でアクセントをつけると少し遊びがでて

ぐーんとお洒落感がアップするかと思います。

色々なアクセントの仕方がありますので

よかったらこちらの記事も合わせてどうぞ↓

アクセントを取りいれる

 

ちなみに我が家のアクセントクロスは各部屋に付けました。

それぞれお部屋のテーマに合わせたのと、好きなカラーや柄をチョイスして。

アクセントクロスにしたことによって目で楽しむことができるので

やってよかったなと心底思います。

 

みなさんもお部屋づくりのポイントに

ご自身の好きなカラーでお部屋をコーディネートしてみませんか?

 

 

 

 

recent entries

category

archive