名古屋市や尾張旭市のリフォーム・リノベーション・注文住宅なら杉工建設

SUGICO design and craft company

0561-76-5428

9:00 〜 18:00 (水曜・日曜定休)

Webからのお問い合わせはこちら

名古屋市や尾張旭市のリフォーム・リノベーション・注文住宅なら杉工建設

SUGICO design and craft company

tel:0561-76-5428 web

ニュース/ブログ ニュース/ブログ

  • TOP

キッチンの種類と特徴

2021.04.28 - スタッフブログ

みなさんこんにちは。

尾張旭市で想いに添った暮らしの提案をしている、SUGICOの青山です。

 

キッチンには様々な形やサイズがあります。

今回はそのキッチンの種類を少しご紹介したいと思います。

 

キッチンの種類

I型壁付けキッチン

こちらは一般的な横長タイプのキッチンです。

 

壁付けキッチンなので基本的には背面は化粧がされておらず、壁に向かって設置する必要があります。

背面に設置する壁を腰壁にすれば、対面キッチンとして使用することができます。

 

サイズも様々な種類があり、弊社では255㎝を標準仕様として計画しています。

 

シンク→調理台→コンロまでが横一直線になっているため、調理の動線もスムーズです。

 

 

L型キッチン

こちらはL字の形をしたキッチンです。

 

L字の角の部分を含めると、I型のキッチンよりも調理スペースを広く使うことができますが、I型キッチンよりも設置のスペースが必要です。

また、L型キッチンは車いすを使用している方にとって使いやすいキッチンです。

 

I型キッチンの場合、シンクの前からコンロへ移動するまでに、

 

90度の方向転換(シンク前)

  ↓

直進(コンロ前まで移動)

  ↓

90度の方向転換(コンロ前)

 

という動作が必要ですが、

L型キッチンだと

 

90度の方向転換(シンク前)

  ↓

直進(コンロ前まで移動)

 

という2つの動作で移動することができます。

 

 

 

アイランドキッチン

こちらは対面式で壁を設けずに設置するキッチンです。

 

中央に設置するキッチンのため、正面からだけでなく反対側からも調理の補助などができることが特徴です。

 

I型キッチンと違い、アイランドキッチンは背面がきちんと化粧されていることなどから、キッチン自体の費用が上がってしまいます。

 

また、かなり大きなスペースを必要とするため、アイランドキッチンの設置を検討されている方は、予算面、間取りプラン共に十分な計画が必要です。

 

 

 

 

 

セパレートキッチン

こちらはキッチンが、シンク側、コンロ側とで分かれているキッチンです。

 

I型キッチンと比べると調理スペースが多く取れますが、調理中に振り向いて移動をする動作が増えますので、使い始めのうちは少し慣れないかもしれません。

 

I型のキッチンを置きたいけれど、部屋の間口が狭くて設置できないという時でも、こちらのセパレートキッチンであれば設置できます。

 

アイランドキッチンと同様にキッチンが主役の部屋として魅せることもできます。

 

 

 

自分に合ったキッチンを選択する

ご紹介したように、キッチンには様々な種類があります。

 

それぞれ違った特徴を持っていたり、それにかかる費用も変わります。

 

キッチンを省スペースにあまりお金をかけないようにしたいという方はI型キッチンを選択するのが良いですし、ご夫婦で一緒に料理をされることが多い方や料理が好きな方はアイランドキッチンを選択するのが良いと思います。

 

キッチンの使い方、予算の組み方、間取りのプランによって合うキッチンがそれぞれ異なってきますので、キッチンを設置する際にはまずはキッチンの形から考えてみてください。

 

 

recent entries

category

archive