名古屋市や尾張旭市のリフォーム・リノベーション・注文住宅なら杉工建設

SUGICO design and craft company

0561-76-5428

(月ー土 9:00 ~ 18:00)

Webからのお問い合わせはこちら

名古屋市や尾張旭市のリフォーム・リノベーション・注文住宅なら杉工建設

SUGICO design and craft company

tel:0561-76-5428 web

ニュース/ブログ ニュース/ブログ

  • TOP

アクセントを取り入れる

2020.05.27 - スタッフブログ

みなさんこんにちは。

尾張旭市で想いに添った暮らしの提案をしている、

SUGICOの青山です。

 

 

その部屋の印象に1番影響を与える”アクセントポイント”。

みなさんのお部屋にはここは1番魅せたい!

というポイントはありますか?

 

 

クロスでアクセント

アクセントを付けるにはクロスで色、柄を

変えるというのが1番多く使われる手段かもしれません。

部屋全体に貼るベースクロスを決め、

一部に雰囲気を変えたクロスを貼るという方法です。

 

例えば、トイレの便器が付く壁に

アクセントクロスを貼ったり、

テレビを掛ける壁に

アクセントクロスを貼ったりと、

クロスを貼る壁であればどこでも

アクセントを設けることができ、

挑戦しやすいアクセントの取り入れ方です。

 

あくまでもアクセントとして魅せるクロスですので、

ベースのクロスが統一されていない

バラバラの状態だと、

アクセントがぼやけてしまうので

注意が必要です。

 

 

施工事例はこちら→エステサロンのある家|狭小住宅リノベーション

 

 

キッチンでアクセント

アクセントはクロスだけでなく、

キッチンからも取り入れられます。

メーカーのキッチンで少し目立つ様な

仕様に変えてアクセントとする方法の他に、

弊社でゼロから製作したキッチンを

アクセントとすることもできます。

 

 

施工事例はこちら→とことん ”好き” を追求した住まい|マンションリノベーション

 

こちらの写真のキッチンは、

モールテックスという塗り材を仕上にした

オリジナルキッチンです。

壁や換気扇、照明器具がホワイトで

統一されている中での

モルタル調のキッチンは

かなり存在感がありますよね。

 

 

景色でアクセント

こちらは条件次第ではありますが、

景色をアクセントにすることも可能です。

クロスやキッチンと違い、

景色には動きがあります。

季節によっては

桜がアクセントになりますし、

夏の空の青や冬の雪などが

お部屋のアクセントとして活かされます。

 

 

施工事例はこちら→借景を利用する住まい|築40年以上の戸建てリファイニング

 

 

アクセントを取り入れる

アクセントを取り入れることによって

その部屋全体の雰囲気を締めることができます。

シンプルに全てをホワイトで統一するのも

もちろんデザインの一つですし、

それもかっこいいですが、

アクセントが住まいのお気に入りの

1つになるかもしれません。

弊社のお客様では、

狭いスペースのトイレで

少し遊びを取り入れてみたい

というお客様が多く、

トイレにアクセントクロスを貼られています。

リビングなどの広いスペースでのアクセントは少し勇気が出ない、

飽きがこないか心配という方は、

トイレで挑戦してみてはいかがでしょうか。

お客様にはいつもご満足いただいているので、

トイレは挑戦しやすいかもしれません。