名古屋市や尾張旭市のリフォーム・リノベーション・注文住宅なら杉工建設

SUGICO design and craft company

0561-76-5428

9:00 〜 18:00 (水曜・日曜定休)

Webからのお問い合わせはこちら

名古屋市や尾張旭市のリフォーム・リノベーション・注文住宅なら杉工建設

SUGICO design and craft company

tel:0561-76-5428 web

ニュース/ブログ ニュース/ブログ

  • TOP

○○は計画的に!

2021.02.25 - スタッフブログ

こんにちは。

名古屋市、尾張旭市周辺で暮らしの想いに寄り添った提案をさせて頂いているSUGICOの祖父江です。

 

今月はバレンタインがありましたね♡

わが家も娘と一緒に手作りのダブルチョコレートマフィンを作りました。

主人には、お返しが嫌だから要らない~と言われたのですが強制的に食べてもらいました!笑

来月の3/14がとても楽しみです!笑

 

 

さて、みなさんはお家づくりをする上でどんな事を優先に考えますか?

 

今回は、実際に中古物件を購入してリノベーションを経験した私の主婦目線からのお話をしたいと思います。

 

 

主婦が気にすること


 

①使い勝手のいい動線

主婦の方なら、まず一番に気にされてることかと思います。

1日のうちに何度もやってくる家事の時間。

そんな家事をスムーズにこなすためには、いかにこの動線をうまく造るか。

 

 

<玄関からキッチンまでの距離や扉の種類>

 

買物から帰宅して、購入した物をキッチンスペースやパントリ―まで運びます。

 

この時、そういったスペースまで短距離で移動できた扉がある場合はその扉はどんなタイプだといいのか?

 

開き戸?引き戸?

なども考えておくといいでしょう。

 

ちなみに我が家は玄関から入って廊下→パントリーへと行くのですが、荷物を持ちながらでもなんとなく開けやすいように引き戸にしました。

 

 

キッチンやパントリ―と冷蔵庫の位置>

 

購入したものはそれぞれの場所へしまいます。

 

その時にパントリ―や冷蔵庫の位置はなるべく近くの方が使い勝手がいいと思います。

 

 

<お風呂屋や洗面所、トイレの位置>

 

こちらの水廻りも結構重要な場所ですよね。

トイレは1F、2Fにする方が多いと思います。

 

お風呂はだいたいの方は、1Fにありリビングなどに近い位置に設ける方が多いかと思いますが、中にはリビングが2Fで、お風呂は1Fという方もみえるでしょう。

 

そういった場合、生活する上での想像をしてみるといいかもしれません。

 

お風呂へ入る時間帯や

入る前や出た後の行動など…

 

そうすることでどんな位置に持ってくるといいのか、ぜひ想像してみてください。

 

 

②掃除や手入れがしやすい

 

<床の色は?素材は?>

 

みなさん、悩まれるのが多いこの床の色や素材。床材も種類がたくさんあるのでどんなものがいいのかとっても悩みますよね。

 

私もそのうちの1人でした。(笑)

 

色はなんとなく決めていたのですが、何しろ種類がたくさんある!

たくさんのサンプルと睨めっこしながらものすごく悩んだのを思い出します。

 

まずは、家のテイストがある程度決まってるといいかと思います。

「こんな雰囲気がいい」

「こんな感じのスタイルがいい」など…

 

これだけでも全然違います。

 

これが決まってるだけで、おのずと色味など雰囲気にあった素材選びもスムーズにいきます。

 

そして、その床の色や素材によって、お手入れの仕方や頻度なども変わってくると思うので、その辺りも念頭に置いて選ぶことをおすすめします。

 

 

<設備機器のお手入れのしやすさ>

 

設備機器と言っても色々ありますね。

キッチン、レンジフード、トイレ、洗面器、お風呂など…

 

どれも主婦にとっては、毎日気になる場所。

 

キッチンなら、料理作業する台の素材、その周辺のクロスや防火パネルのタイプ。

 

レンジフードも今は色んなメーカーの色々なタイプがあります。

それぞれ機能や特徴も違うのでこれもどういったのがいいのか悩みますよね。

 

レンジフードに関しては、デザインも気にしたいところですが油を吸い込んだりしてお掃除がとても大変なので

お手入れのしやすさ重視で選ばれるのが一番かなと個人的に思います。

 

 

 

今、住んでいるところと比較してみる


実際に私が気にしていたことをいくつかピックアップしてみましたが、みなさんはいかがでしょうか?

 

主婦の方の目線であればだいたい私と同じような個所が気になったのではないでしょうか。

 

今住まいと比較してみるのもいいかと思います。

 

もちろん比較できる部分とできない部分があるかと思いますが、現在の住まいで、

どういったことに不便さを感じているのか、

こうだったらいいなという思いが

リノベーションをする際にヒントになるかと思います。

 

そういった部分を箇条書きでもいいのでメモなどにして、お打ち合わせの際にぜひ皆様の想いを聞かせてください。

 

皆様のよりよい暮らしに近づけるお手伝いができるといいなと思います。

recent entries

category

archive