この記事は、2023年3月11日に公開したブログのアーカイブ記事です。

執筆:坂本真由(株式会社SOWAKA・代表)

こんにちは。

名古屋市や尾張旭市周辺でリノベーションを通じて暮らしの提案をしているSOWAKA代表の坂本です。

今日は、リノベーションってこんなに楽しいんだ!編をお送りいたします。

見たことがある!という方も、初めて見た!という方も、「暮らすってこんなに楽しんだ」というワクワク感を感じていただければ嬉しいです!


フルハイドアを販売している室内ドア専門メーカー「神谷コーポレーション」から限定販売されていた室内扉。

その名も「Ping-Pong style(ピンポンスタイル)」

フルハイドアといえば、弊社でもよく取り入れるもの。

天井まで届くドアの大きさと、枠が無い独自の納まりが生みだすセンスはリノベーションにもピッタリだと思います。

なんってことないお部屋がフルハイドアで一気にオシャレな空間に変わる魔法のドアだと私は思っています。

さてさて、こちらの画像をご覧ださい。

ビビッドな色合いの扉ですが、実は普通の扉ではありません!

じゃーん!

ん?一瞬、よく分からなくなりますよね。笑

実はこの扉、卓球台になるんです。

扉がまさかの90度回転して、自動で水平に変形するそうです。

ボタンを押した際に「ピンポー―ン♪」という警報音が鳴り、その後約5秒で回転が始まります。

「回転するドアに頭をぶつけないよう、警報音がしたらピンポンダッシュでよけてください」

なんていうこんな冗談まで面白い・・笑

今までになかった発想の扉ですよね。

何で、このような商品を企画されたのかというと、ドア専門メーカーであるKAMIYAに届く意見や要望のなかで、2021年最も多かったのが「自宅に卓球台を置くスペースがない」というご相談らしく・・何度も試作を重ね、開発されたそうです。

またまた、細かなこだわりとして、専用のドアノブも開発されています。

こちらのドアノブはドアが回転すると同時にネットの支柱に早変わりするもの。

「なんということでしょう」と思わず言ってしまうそうなアイデアです。

卓球ファンで無くても、家族で遊んだりお客様を我が家に呼んで遊びたくなる、そんな面白さを狙った商品ですね。

実は・・こちらの商品、実際は販売しておらずKAMIYAのアイデアとして発表されたものです。

私はリノベーションの面白さをたくさん知っていますが、こちらの商品を見て「やっぱりアイデア次第で暮らしが楽しくなるんだな」と改めて感じました。

大規模なリノベーションでなくても、ちょっとした工夫をするだけでも違います。

少しの予算でもちょっとした工夫で、たくさんの魅力を感じてもらえるのがリノベーションだと私は思っています。

そして、そのお手伝いを私たちSOWAKAにお任せください!

SOWAKA

お問い合わせはメールまたはお電話で

(受付時間 9:00~18:00 日曜定休)

名古屋 SOWAKA